身近な出会い

一級土木施工管理技士に合格

一級土木施工管理技士は実地試験対策次第!

一級土木施工管理技士 テキスト

 

一級土木施工管理技士の実地試験に合格しました。

 

私の誕生日の前日が合格発表だったので、
近年にない良い誕生日が迎えられました。
内心、心臓バクバクでしたが(笑)

 

 

もう試験はいいです。
さすがに寄る年月には勝てない。
気力、体力、集中力が続きません。
半分、泣きながら勉強しました。
なんでこんなに物覚えが悪くなったんだろうって・・

 

もう48歳になるんで仕方ないですよね(笑)

 

 

こんなオヤジでも合格できた訳ですから、
若い人たちにはもっとチャンスがある筈です。

 

 

一級土木施工管理技士試験は実地対策で決まります。

 

7月の学科試験は4択マークシートなので
まあ、何とかなるんですが、(でも合格率60%)

 

10月の実地試験は合格率は高くても30%
これ結構厳しい数字です。(低い時は20%)

 

さらに意地の悪いことに
実地試験の解答は公開されないことに加え、、
経験記述部門と暗記書き込み部門の配点も非公開です。
(なんちゅう試験だ・・)

 

すなわち・・
経験記述がダメだったのか、暗記書き込みがダメだったのか、
どこの点数が足りなくて不合格だったのかも分からない。
対策の立てようが無いではないですか。

 

 

「一級土木施工管理技士として相応しいか否か」

 

私が購入した、決して安くない参考書の中に、
こんな言葉が出てきました。

 

ビビッときました。
これだ!と思いました。

 

後半の「暗記書き込み」部分というのは、
その名の通り「暗記」さえ出来れば確実に書けるものです。
勉強した分だけ点数は取れるでしょう。

 

しかし、前半の「経験記述」は言わば、
「論文」「作文」です。

 

「一級土木施工管理技士として相応しいか否か」
審査基準はココに尽きるのだと思います。

 

一級土木施工管理技士として相応しい論文になっているか。

 

 

ここからは私の経験上からくる推測なんですが、
配点は、経験記述50点、暗記書き込み50点。

 

なぜなら・・
二級土木施工管理技士試験の実地試験。
全くの勉強不足から「暗記書き込み」が撃沈だったから。
その代り「経験記述」はバッチリ書けた事実。

 

仮に「配点」が経験記述30%、
「暗記書き込み」が70%だったなら?

 

合格点60点には遠く及ばず不合格だったでしょう。
でも合格した。

 

50/50なら?
経験記述が仮に満点なら、あと10点とれば合格。

 

なんとなく当たっていると思いませんか?

 

 

9割以上の人が知らない7つルール
★★一級土木施工管理技士速習経験記述講座★★
わずか10日間で合格レベルに引き上げる!【特典付】

 

管理人【特典】の内容はコチラ

 

 

一級土木施工管理技士 テキスト

 

★一級土木施工管理技士テキスト【楽天】ランキングはコチラから★

 

 

 

一級土木施工管理技士に合格関連エントリー

一級土木施工管理技士試験1週間前!
一級土木施工管理技士試験1週間前!
学科試験合格報告と実地試験に向けて
一級土木施工管理技士 学科試験合格報告と実地試験に向けて
やっぱり独学にはテキスト選びが全て
1級土木施工管理技士実地|やっぱり独学にはテキスト選びが全て
一級土木施工管理技士 実地試験の勉強時間
一級土木施工管理技士 実地試験の勉強時間